朝から打ちに行く時に大切なこと

こんばんはジャグフです

いつも朝に投稿しているのになんで「こんばんは」と書いているのだろう

次からは「おはようございます」と書くことにしよう( ..)φメモメモ

 

朝から打ちに行くときは

今日は高設定がある

という確信がないと

当たりのない宝くじ

を引かされることになる

私がよく行くホールだとイベントの次の日などは運良くツモれても設定4ということが大半だ

なので大勝ちした次の日に気分が良くなってまた打ちに行くなんてことは絶対にヤメた方がいい

お店によって

3のつく日、6のつく日、7のつく日、8のつく日、ゾロ目の日がそれぞれ強いなどパターンが多々あると思う

もちろん並びもあるだろうがそういう強いお店に常にいる状況を作ることが大切だ

当たりがなかったのでは話にならない

的屋と一緒だ

強い日に行って台が取れたからといっても安心はできない

その台が高設定とは限らない

出ているから高設定

出ていないから低設定

ではない

その為に必死にブドウを数えるのだがこのブドウもかなりの試行数を重ねないと信頼できるものにはならないから押し引きが難しい

一応、ブドウは350個あたりからそれなりに信用できるとは言われている

なので自分の場合はどれだけBIGが出ていても4000G回してブドウ確率が遥かに設定1を下回った場合は勝ち逃げを意識する

あとは単独レギュラー確率がどれくらいか

引き際と攻め時は人によって違うがジャグラーの良いところとして、低設定であっても設定値通りにボーナスを引けていればそれほど大きなマイナスにはならない

なのでまだわからない時は粘るのも全然アリだと思う

よく1万円使って出なればヤメ。のパターンを目にするがはっきり言って320Gノーボーナスなんて高設定でもよくある事

ガリぞうさんは朝イチ1000Gハマりをくらいながらも終日打ち切ってしっかり設定6の数値にまで回復したなんて話もしていた

ジャグラーは本当に単純で難しい

だからこそ老若男女に愛されているのだ

みんなもジャグラーを制してできるだけ多くの風俗嬢に貢いで欲しい!

そろそろ風俗記事が書きたい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください